印刷用紙の種類|広い範囲で宣伝するためにチラシ印刷をしよう

広い範囲で宣伝するためにチラシ印刷をしよう

印刷用紙の種類

印刷機

印刷物を作るときには印刷用紙も検討するのが大切です。ツルツルとした用紙をよく目にするけど、他にも種類などはあるのでしょうか。チラシ印刷の際に必須な印刷用紙ですが、印刷用紙にもいくつかの種類があるので覚えておきましょう。チラシなどでよく見かけるツルツルとした紙は、コート紙と言って両面にコート剤が塗られており写真などが鮮やかできれいに映ります。より鮮明に写真を主張したい時に利用しましょう。光沢のあるチラシ印刷になりますので、目立たせたいチラシに合っています。次にコート紙より光沢を抑えたマット紙ですが、こちらは少し落ち着いた光沢感で高級感が出せます。チラシの内容で高級感を出したい時にはマット紙も検討しましょう。さらに光沢感のないコピー用紙のように少しざらつきのある紙を上質紙と言います。チラシ印刷でもよく使用されています。また、上質紙には色付きのものもあります。他にもポストカードや雑誌の表紙などでよく使われるアートポストなどがあります。このように、チラシ印刷のための用紙だけでいくつもあります。デザインだけでなく、用紙一つで印象も変わってきますので、どの用紙を使用したほうがいいのかなど、チラシ印刷の前に注文する業者に相談すると良いでしょう。そして、チラシ広告に合った用紙を選択し、手に取った人が思わず読んでしまうようなチラシにしましょう。チラシ作成の際のデザイン、用紙など細かいこだわりを出すことで、手に取った人にもお店の良さや思いなどが伝わるでしょう。